自動車について本気で調べてみよう!
調べれば調べるほど奥の深い自動車の世界。ちょっとは詳しくなれるかな。

どのメーカーの車かの見分け方

百花繚乱のメーカー対抗新車発表会の”新車”の新型ワゴンを例にメーカーの見分け方についてお伝えしたいと思います。

新型ワゴンどれも同じ

長年車の開発に携わっている人が読んだら烈火のごとく怒りだすかもしれませんが……
「新型、7人乗りワゴン」という広告を見ても最近あまり(というより全く)ピンとこなくなりました。よほど見た目が斬新か、よほど見た目が変でもない限り気づかないのが現状です。
新作発表会のサイトを見て一番ピンと来た車というのが、主張が無さ過ぎて「え?」と思う車だったりますし、車のデザインそのものやどこのメーカーかを気にするより、その車のバックグラウンドが気になってしまったりします。

嫌でも注目してしまったのが、「軽自動車」で有名なS社と「リコール」で有名なM社という二大有名メーカー間の丁稚奉公によって作られたのっぺりとした箱のような車です。
車に乗らない人、車に疎い人が、目の前にこういう車ばかり並べられて、どれがどのメーカーの車か瞬時に区別がつくはずがないですし、よほどのマニアでもない限り無理でしょう。

ちなみに二社間の融合(癒着ともいう?)で作られたその車、月間売上目標800台だといいます。(ゼロが一桁足りないような気がします……)会社の存続がかかっている車だというのに個性は感じられませんし、特別に高い部品を使っているとか、特別に単価が高いわけでもないでしょうし、いやはや頑張ってほしいものです。