自動車について本気で調べてみよう!
調べれば調べるほど奥の深い自動車の世界。ちょっとは詳しくなれるかな。

電気自動車とハイブリッドについて

電気自動車とハイブリッドカーは「どっちもエコカーでしょう?」といわれる方もいますが、実はあるその微妙な違いをご紹介致します。

電気自動車とハイブリッドカーはこう違う

石油などの燃料枯渇問題はガソリン価格の高騰を引き起こし、人々の生活に影響を及ぼしています。さらに自動車からの排気ガスによる大気汚染や、二酸化炭素による地球温暖化問題なども気になるところです。
各国の自動車メーカーは動力源を石油だけに頼らない電気自動車やハイブリッドカーの開発に力を入れています。この2つの違いはなんでしょうか?

電気自動車は電気のみで車全体を動かしている車のことを指します。

ハイブリッドカーは動力に、原理の異なる2つ以上の動力源を持っている車のことをいいます。ハイブリッドカーは、ガソリンエンジン・電気モーターエンジン・燃料電池エンジンなど複数のエンジンを持っていて、それぞれを単独もしくは併用して動力とすることができます。
現在、ハイブリッドカーというとガソリンエンジンに電気モーターエンジンを組み合わせたものが主流です。 排ガスは出ますが、ガソリン車やディーゼル車と比較すると、かなり抑えることができます。

1997年から日本の某大手自動車メーカーでハイブリッドカーの量産販売が始まり、日本だけではなく世界中でハイブリッド車が広く認知されるようになりました。今では乗用車だけではなく、大型バスなどにもディーゼルエンジンのハイブリッド車が使用されています。
電気自動車の動力源はシンプルに電気のみ。日本でも19世紀から製造されていますが、充電に時間が多くかかる割には走行距離が伸びないなどのデメリットが多く、なかなか普及にはいたらないようです。ハイブリッド車は電気自動車と比較すると価格が安く、航続距離、最高速度、性能などの面で優れており、今後さらなる普及が期待されています。